587円 【指定医薬部外品】ビオスリーHi錠 180錠 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 胃腸 指定医薬部外品 値下げ ビオスリーHi錠 180錠 587円 【指定医薬部外品】ビオスリーHi錠 180錠 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 胃腸 chirodenisrioux.com,/html/news202112,587円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 胃腸,180錠,【指定医薬部外品】ビオスリーHi錠 指定医薬部外品 値下げ ビオスリーHi錠 180錠 chirodenisrioux.com,/html/news202112,587円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 胃腸,180錠,【指定医薬部外品】ビオスリーHi錠

最大63%OFFクーポン 指定医薬部外品 値下げ ビオスリーHi錠 180錠

【指定医薬部外品】ビオスリーHi錠 180錠

587円

【指定医薬部外品】ビオスリーHi錠 180錠







◆商品のご案内
商品名(製品名)ビオスリーHi錠
内容量180錠
商品説明(製品の特徴)3種の共生する活性菌が有用菌を増やし、腸内フローラを改善することで、腸を整えます。
乳酸菌だけでなく、糖化菌、酪酸菌を加えた3種の活性菌を配合しています。
3種の活性菌が小腸から大腸まで生きたまま届きます。
のみやすい、やや甘みのある小粒の錠剤です。
使用上の注意1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
医師の治療を受けている人。
2..次の場合は、服用を中止し、この添付文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
1 ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。
効能・効果整腸(便通を整える)、便秘、軟便、腹部膨満感
用法・用量成人(15歳以上):1回2錠(1日服用回数:3回)
5歳以上15歳未満:1回1錠(1日服用回数:3回)
5歳未満:服用しないこと
成分・分量糖化菌/150mg:腸内有用菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やします。
ラクトミン(乳酸菌)/30mg:乳酸を産生して腸内フローラを改善するとともに、酪酸菌の増殖を助けます。
酪酸菌/150mg:乳酸菌とともに腸で増え、大腸のエネルギー源として腸の機能維持に必要な酪酸を産生します。
添加物ポリビニルアルコール(完全けん化物)、ポビドン、バレイショデンプン、乳糖水和物、ステアリン酸Mg
保管及び取扱上の注意1.直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因や品質が変わるおそれがあります。)
4.本剤は湿気を吸いやすいので、服用のつど必ずフタをかたくしめてください。
5.ビンの中の上部のつめものは、錠剤がこわれるのを防ぐために入れてありますので、フタを開けた後は取り除いてください。
6.使用期限のすぎた製品は服用しないでください。
7.箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入してください。
8.一度開封した後は、品質保持の点からすみやかに服用してください。
問合せ先アリナミン製薬株式会社株式会社
0120‐567‐087(フリーダイヤル)
製造販売会社(メーカー)東亜薬品工業株式会社
東京都渋谷区笹塚2丁目1番11号
販売会社(発売元)アリナミン製薬株式会社株式会社
大阪市中央区道修町4丁目1番1号
原産国日本
剤形錠剤
リスク区分(商品区分)指定医薬部外品
広告文責株式会社サンドラッグ
登録販売者:村瀬吉信
電話番号:0120‐009‐368
JANコード4987910710587
ブランドビオスリー

【指定医薬部外品】ビオスリーHi錠 180錠

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。